天海・崇伝 : 政界の導者

圭室文雄 編

徳川家康に従い、江戸幕府の建設に力を注いだ天海と崇伝。天海は日光山や東の叡山寛永寺を創建して勢力を振い、崇伝は寺院法度・武家諸法度などを起草した。権力者にかかわった僧を通して、政治と宗教の問題を考える。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 天海(天海の魅力
  • 天海の生涯
  • 山王一実神道と天海
  • 徳川家康の葬儀と天海の役割
  • 東叡山寛永寺の成立と展開
  • 東照宮信仰の広がり
  • 将軍の墓
  • 「天海」を読む)
  • 崇伝(崇伝の魅力
  • 崇伝の生涯
  • 法度の起草-寺院法度・禁中並公家諸法度・武家諸法度
  • 伴天連追放令の起草
  • 外交官としての崇伝-異国日記を中心として
  • 林下禅の隆盛
  • 崇伝と大坂の陣
  • 紫衣勅許事件)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 天海・崇伝 : 政界の導者
著作者等 上田 純一
伊藤 真昭
佐々木 邦世
原田 正俊
圭室 文雄
宇高 良哲
浦井 正明
竹貫 元勝
船岡 誠
菅原 信海
高藤 晴俊
書名ヨミ テンカイ スウデン : セイカイ ノ ドウシャ
書名別名 Tenkai suden
シリーズ名 日本の名僧 15
出版元 吉川弘文館
刊行年月 2004.7
ページ数 241p
大きさ 20cm
ISBN 4642078592
NCID BA67539064
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20623989
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想