世紀末の肖像

池内紀 著

世紀末ウィーンは「安定の黄金時代」だったのか?精神の世界都市の内部に潜入し、クラウスやフロイトからクリムトまで、天才たちのドラマを描いた列伝集。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 ウィーンの世紀末(生きた石像
  • 市民の時代
  • 『夢判断』の世界
  • 気むずかしい男たち
  • 神話の季節)
  • 2 世紀末の肖像(二つの顔-クリムト
  • すべては生きながら死ぬ-シーレ
  • 変貌記-ココシュカ
  • ピエロの帰還-ビアズリー
  • 人工楽園の花の香-バイロス ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 世紀末の肖像
著作者等 池内 紀
書名ヨミ セイキマツ ノ ショウゾウ
書名別名 Seikimatsu no shozo
シリーズ名 池内紀の仕事場 / 池内紀 著 1
出版元 みすず書房
刊行年月 2004.6
ページ数 294p
大きさ 20cm
ISBN 4622081318
NCID BA67524715
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20619244
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想