組織デザイン

沼上幹 著

有効に機能し、生産性が高い組織に共通する仕組み(論理)を理解することが、組織を作り出すためのはじめの一歩である。組織デザインの原則を理解すれば、現在の組織の問題点も見えてくる。本書では、組織をデザインする際、カギとなる要素として、仕事をどのように分業、調整するかに注目し、解説する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 組織デザインとは何か
  • 1 組織形態の基本型
  • 2 分業のタイプ
  • 3 標準化を進める-事前の調整
  • 4 作業の流れ-処理プロセスのスムーズな連動
  • 5 ヒエラルキーのデザイン
  • 6 水平関係とその他の追加的措置
  • 終章 結びに代えて

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 組織デザイン
著作者等 沼上 幹
書名ヨミ ソシキ デザイン
書名別名 Soshiki dezain
シリーズ名 日経文庫
出版元 日本経済新聞社
刊行年月 2004.6
ページ数 308p
大きさ 18cm
ISBN 4532110238
NCID BA67523585
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20626012
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想