社会構成主義の理論と実践 : 関係性が現実をつくる

K.J.ガーゲン 著 ; 永田素彦, 深尾誠 訳

社会を変革しうる「人間科学」とは何か。経験主義‐合理主義の二項対立を越え、既存諸科学の脱構築を目指す社会構成主義アプローチ。その実践的可能性を語るガーゲンの主著、ついに登場。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 方法論的個人主義から社会構成主義へ(「頭の中の知識」という観念の行き詰まり
  • 社会構成主義の出現-「現実を描写すること」をめぐって
  • 社会構成主義-批判に応える ほか)
  • 第2部 社会構成主義による考察-社会心理学、精神病理学、客観性(社会心理学-認知革命の過ち
  • 精神疾患の言説が社会にもたらす影響
  • レトリックの産物としての客観性)
  • 第3部 「自己」概念から「関係性」概念へ(社会生活における「自己についての語り」
  • 関係性としての感情
  • セラピーと語り ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 社会構成主義の理論と実践 : 関係性が現実をつくる
著作者等 Gergen, Kenneth J
Gergen, Kenneth J.
永田 素彦
深尾 誠
ガーゲン K.J.
書名ヨミ シャカイ コウセイ シュギ ノ リロン ト ジッセン : カンケイセイ ガ ゲンジツ オ ツクル
書名別名 Realities and relationships
出版元 ナカニシヤ
刊行年月 2004.5
ページ数 442p
大きさ 22cm
ISBN 4888488649
NCID BA67520394
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20619097
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想