聖徳太子の仏法

佐藤正英 著

太子という存在は、わが国に仏法が移入された出来事との連関でとらえられねばならない。鮮やかな思想史の試み。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 釈迦像の伝来
  • 第2章 釈迦仏の祭祀
  • 第3章 学問尼による仏法
  • 第4章 女天皇と朝廷儀礼
  • 第5章 理念としての官人共同体
  • 第6章 幽在時間・幽在空間
  • 第7章 "たま"神としての菩薩の行方

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 聖徳太子の仏法
著作者等 佐藤 正英
書名ヨミ ショウトク タイシ ノ ブッポウ
シリーズ名 日本書紀
講談社現代新書
出版元 講談社
刊行年月 2004.6
ページ数 242p
大きさ 18cm
ISBN 4061497227
NCID BA67518596
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20633224
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想