ゴルフはマナーでうまくなる

鈴木康之 著

アマチュアのゴルフは社交のゲームである。だから、技量よりも先に、身につけなければならないだいじなものがある。それは「気づき」「セルフプレー」「あるがまま」の3つの能力。人が愉快になり自分も愉快になれば、あなたのゴルフはさらに上達し、ゴルフはもっと愉しくなる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 「気づき」ゴルフがうまい人の第1の能力(知らない人とも挨拶を交わしたいのはなぜか
  • 着くべき時間に着かないのは遅刻である
  • ティインググラウンドは役者の一人舞台 ほか)
  • 第2部 「セルフプレー」ゴルフがうまい人の第2の能力(ちゃんとセルフプレーができれば一人前
  • ラウンド能力その1「歩き方のよさ」
  • ラウンド能力その2「段取りのよさ」 ほか)
  • 第3部 「あるがまま」ゴルフがうまい人の第3の能力(易きに走らないノータッチ主義こそゴルフ
  • 花鳥諷詠もあり、雨天決行もあり
  • ゴルフは「質素こそ豊か」を旨とすべし ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ゴルフはマナーでうまくなる
著作者等 鈴木 康之
鈴木 康行
書名ヨミ ゴルフ ワ マナー デ ウマクナル
書名別名 Gorufu wa mana de umakunaru
シリーズ名 日経ビジネス人文庫 229
出版元 日本経済新聞社
刊行年月 2004.6
ページ数 213p
大きさ 15cm
ISBN 4532192293
NCID BA67516116
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20632954
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想