延暦寺と中世社会

河音能平, 福田榮次郎 編

中世最大の権門寺院・延暦寺。その内部構造をはじめ、政治・社会・文化の諸側面からアプローチした、中世延暦寺研究の到達点を示す画期的論集。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 延暦寺の内部構造(延暦寺の禁制型寺院法について
  • 「堂衆退散」と延暦寺の平和
  • 青蓮院門跡の成立と展開 ほか)
  • 第2部 延暦寺と社会諸勢力(中世天台宗成立の歴史的前提
  • 嘉応・安元の延暦寺強訴について-後白河院権力・平氏および延暦寺大衆
  • 天台聖護院末粉河寺と聖の別院誓度院 ほか)
  • 第3部 延暦寺の教学と文化(中世天台談義所の典籍受容に関する考察-柏原成菩提院の場合
  • 『阿娑縛抄』の書写奥書について-滋賀成菩提院蔵本にみる教学の伝授と集積
  • 『渓嵐拾葉集』と『秘密要集』 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 延暦寺と中世社会
著作者等 上川 通夫
下坂 守
伊藤 正敏
大石 雅章
小林 直樹
岡野 浩二
平 雅行
曽根原 理
松本 公一
永村 真
河音 能平
湯浅 治久
牧野 和夫
田中 貴子
福田 榮次郎
稲葉 伸道
衣川 仁
高橋 昌明
福田 栄次郎
書名ヨミ エンリャクジ ト チュウセイ シャカイ
出版元 法藏館
刊行年月 2004.6
ページ数 499p
大きさ 22cm
ISBN 4831874620
NCID BA67508129
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20623482
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想