分散エネルギーシステム

山地憲治 編著

分散エネルギーシステムを実現すれば、再生可能な自然エネルギーを広く利用することが可能となり、需要に直結した生産によりエネルギーの総合的利用効率を大幅に高めることが出来る。分散型システムを構築するためには多くの技術開発課題がある。そのため、エネルギー・資源学会では、「分散エネルギーシステムに関する調査研究」研究プロジェクトを、平成12年4月から平成16年3月まで4年間にわたり実施した。大学・研究機関、電力会社、ガス会社、メーカー、ゼネコンなど25社が参加し、延べ31回にのぼる委員会(講演会、見学会を含む)を開催し、ヨーロッパ調査も実施した。本書はこれら4年間の研究成果をまとめたものである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 分散エネルギーシステムとは何か
  • 2 再生可能エネルギーの集荷・変換システム
  • 3 分散配置されるエネルギー変換・利用システム
  • 4 分散エネルギーとネットワーク
  • 5 自動車と分散エネルギーシステム
  • 6 分散エネルギーシステムの未来
  • 7 分散型へ向かうエネルギーシステムの構造改革

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 分散エネルギーシステム
著作者等 山地 憲治
書名ヨミ ブンサン エネルギー システム
書名別名 Bunsan enerugi shisutemu
出版元 エネルギー・資源学会 : 省エネルギーセンター
刊行年月 2004.5
ページ数 301, 7p
大きさ 27cm
ISBN 4879732796
NCID BA67500681
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20611337
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想