カラマーゾフの兄弟  下巻

ドストエフスキー [著] ; 原卓也 訳

父親殺しの嫌疑をかけられたドミートリイの裁判がはじまる。公判の進展をつうじて、ロシア社会の現実が明らかにされてゆくとともに、イワンの暗躍と、私生児スメルジャコフの登場によって、事件は意外な方向に発展し、緊迫のうちに結末を迎える。ドストエフスキーの没する直前まで書き続けられた本書は、有名な「大審問官」の章をはじめ、著者の世界観を集大成した巨編である。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 カラマーゾフの兄弟
著作者等 Dostoyevsky, Fyodor
Dostoyevsky, Fyodor M.
原 卓也
ドストエフスキー
書名ヨミ カラマーゾフ ノ キョウダイ
書名別名 Братья Карамазовы
シリーズ名 新潮文庫
巻冊次 下巻
出版元 新潮社
刊行年月 2004.1
版表示 48刷改版
ページ数 682p
大きさ 16cm
ISBN 4102010122
NCID BN01514552
BA67493269
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20739900
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ロシア語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想