脳性まひ児と両親のための機能的治療アプローチ

Marjolijn Ketelaar 著 ; 今川忠男 監訳 ; 萩原幸子 ほか訳

[目次]

  • 第1章 脳性まひ児の機能的運動能力-評価尺度に関する系統的文献考察(方法
  • 結果 ほか)
  • 第2章 脳性まひ児に対する「子どもの能力低下評価法(PEDI)」の鑑別能力(方法
  • 結果 ほか)
  • 第3章 脳性まひ児の治療介入プログラムへの両親の参加-文献考察(方法
  • 結果 ほか)
  • 第4章 脳性まひ児のための理学療法-理論的考察(神経生理学的アプローチ-理論モデル
  • 運動発達と運動制御に関する最近の理論 ほか)
  • 第5章 脳性まひ児に対する機能的理学療法プログラムの効果(方法
  • 結果 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 脳性まひ児と両親のための機能的治療アプローチ
著作者等 Ketelaar, Marjolijn
今川 忠男
萩原 幸子
書名ヨミ ノウセイ マヒジ ト リョウシン ノ タメノ キノウテキ チリョウ アプローチ
書名別名 Children with cerebral palsy

Nosei mahiji to ryoshin no tameno kinoteki chiryo apurochi
出版元 三輪書店
刊行年月 2004.3
ページ数 155p
大きさ 21cm
ISBN 4895902048
NCID BA67489068
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20586582
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想