陶淵明・白居易論 : 抒情と説理

松浦友久 著

抒情性と韻律性を様式的基本条件とする詩歌において、「理を説く」という一見矛盾する叙述がなぜ存在し、そしていかなる役割を担うのか-。本書は詩学全体に関わる普遍的・原理的な問題として、中国古典詩を特徴づける説理的表現の意義と機能について考察したものであり、それは同時に陶淵明、白居易という思索型詩人の詩想の本質に迫る、出色の作者論・作品論ともなっている。著者の長年にわたる陶詩・白詩研究の精華を示すものである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 陶淵明論(「不羈」の詩人-もう一つの陶淵明像
  • 陶淵明の「有会而作」について-「嗟来説話」と「固窮説話」の機能の異同を中心に
  • 「即事多所欣 事に即して欣ぶところ多し」-陶淵明「懐古田舎」の説理性について
  • 陶淵明の辞賦-「帰去来兮辞」を中心に ほか)
  • 第2部 白居易論(白居易における陶淵明-詩的説理性の継承を中心に
  • 白居易における「適」の意味-詩語史における独自性を基礎として
  • 白居易のリズム-詩型とその個性
  • 「長恨歌」の主題について-「恨」の主体と作者の意図
  • 白居易の文学論)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 陶淵明・白居易論 : 抒情と説理
著作者等 松浦 友久
書名ヨミ トウ エンメイ ハク キョイ ロン : ジョジョウ ト セツリ
シリーズ名 松浦友久著作選 / 松浦友久 著 2
出版元 研文
刊行年月 2004.6
版表示 初版
ページ数 444, 11p
大きさ 22cm
ISBN 4876362327
NCID BA67447341
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20658575
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
解題 井上一之, 埋田重夫
陶淵明「曖曖遠人村」 帰園田居、其一
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想