発生と進化

佐藤矩行 ほか著

生物はどのようにして今日の姿と形をもつようになったのか。目を見張る生物の形態は、個体発生を制御するメカニズムの進化によってもたらされた。驚くべきことに、ヒトもハエも同じ遺伝子群を使って進化してきたことが明らかとなった。ゲノム解析技術、遺伝学の成果、化石の新資料の発見を結びつけることで、動物・植物の発生と進化が共通の言葉で語られる。最新の研究成果を紹介するとともに、研究史の読み解きを通して、進化発生学の未来を考える。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序 生物界の広がりと体制の多様性
  • 1 現代進化発生学の勃興-遺伝子の普遍性と進化
  • 2 動物の発生と進化
  • 3 植物の発生と進化
  • 4 発生と進化の研究史
  • 結び 進化発生学の新たな幕開け

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 発生と進化
著作者等 佐藤 矩行
倉谷 滋
長谷部 光泰
野地 澄晴
書名ヨミ ハッセイ ト シンカ
シリーズ名 シリーズ進化学 / 石川統 ほか編 4
出版元 岩波書店
刊行年月 2004.6
ページ数 238p
大きさ 22cm
ISBN 4000069241
NCID BA67444263
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20647382
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想