綱大夫四季 : 昭和の文楽を生きる

山川静夫 著

昭和を代表する文楽太夫、八世竹本綱大夫(一九〇四‐六九)。彼は明治末に豊竹古靭大夫(後の山城少掾)に入門し猛稽古を重ね、「風」を重んじた理知的な語りを完成した。五五年人間国宝、六九年芸術院会員。本書は綱大夫と身近に接した著者による本格的な評伝。明治から昭和四十年代までの文楽界と大阪に生きる芸人の姿を敬愛の念をこめて描いた力作。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 大序 綱大夫とその時代(或る別れ
  • 豆太夫誕生
  • 修業と結婚と
  • 兄弟
  • 新義座事件
  • 召集令状
  • 戦災
  • 文楽分裂
  • 日向嶋上演
  • 山城引退劇
  • 櫓下消滅)
  • 景事 綱大夫聞書(春-放送と綱さん
  • 夏-文楽楽屋ばなし
  • 秋(竹中砦のこと
  • 咲大夫襲名)
  • 冬-寺子屋芸談)
  • 道行 晩年の綱大夫(順天堂にて
  • 父から子へ
  • 軽井沢での生活
  • 浅草の一夜
  • 風花
  • 正月
  • 誕生日の死)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 綱大夫四季 : 昭和の文楽を生きる
著作者等 山川 静夫
書名ヨミ ツナタユウ シキ : ショウワ ノ ブンラク オ イキル
シリーズ名 岩波現代文庫 : 文芸
出版元 岩波書店
刊行年月 2004.6
ページ数 331p
大きさ 15cm
ISBN 4006020856
NCID BA67443511
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20647120
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想