知覚と認知の考古学 : 先史時代人のこころ

桜井準也 著

住居、土器、石器そして環境から先史時代人のこころをさぐる。その方法は従来の先史時代観に大きな影響を与えるだろう。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 認知考古学の可能性
  • 第2章 住居のかたち
  • 第3章 土器の認知
  • 第4章 石器の認知
  • 第5章 環境の認知
  • 第6章 旧石器時代人の利き腕
  • 第7章 資料を描くこと

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 知覚と認知の考古学 : 先史時代人のこころ
著作者等 桜井 準也
書名ヨミ チカク ト ニンチ ノ コウコガク : センシ ジダイジン ノ ココロ
出版元 雄山閣
刊行年月 2004.5
ページ数 167p
大きさ 22cm
ISBN 4639018436
NCID BA67439398
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20728570
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想