もっともやさしいゲーム理論 : 最良の選択をもたらす論理的思考法

嶋津祐一 編著

軍事戦略からビジネス上の判断、はたまた恋の駆け引きまで、最良な選択は何なのか-。意思決定に役立つゲーム理論を、身近なたとえ話やケーススタディを基に、これ以上ないほど噛み砕いて解説。ベストセラー『ゲーム理論の思考法』を加筆修正して文庫化。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 「ゲーム理論」とは何か-その基本的発想法と思考のフレームワーク
  • 第1章 よりよく勝つあるいはより少なく負ける-同時ゲームにおける絶対優位の戦略
  • 第2章 複数の戦略を混合して利得を高める-自分の戦略を相手に読まれない方法
  • 第3章 樹形図を描く-先を読んで次の一手を考える
  • 第4章 囚人のジレンマを念頭に置け-いかにして協力を実現させるか?
  • 第5章 夫婦の食い違いを解決する-利他的行為がかえって互いの不満足をもたらす
  • 第6章 ゲームの転換を図る-袋小路から抜け出し、状況を好転させるには

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 もっともやさしいゲーム理論 : 最良の選択をもたらす論理的思考法
著作者等 嶋津 祐一
書名ヨミ モットモ ヤサシイ ゲーム リロン : サイリョウ ノ センタク オ モタラス ロンリテキ シコウホウ
書名別名 ゲーム理論の思考法
シリーズ名 日経ビジネス人文庫 231
出版元 日本経済新聞社
刊行年月 2004.6
ページ数 243p
大きさ 15cm
ISBN 4532192315
NCID BA67437304
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20601270
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想