心エコー図で診る

中谷敏 ほか編

本書のねらいはただひとつ「日常臨床の役に立つ」ということです。従来の心エコー図の教科書は疾患別に記述されているものが大半ですが、改訂版では前版同様、器官別という形態をとりました。その理由は、臨床の現場ではほとんどの場合、診断がわかってから心エコー図検査を行うのではなく、心エコー図検査を行うことによって診断をつけるからです。本書は、循環器病学を初めて学ぶ先生方が学習に利用されるのはもちろんのこと、エキスパートの先生方にも知識の整理のために役立つように、各項目ともに基本的なことから上級の知識まで網羅されています。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 左室をみる
  • 2 左房をみる
  • 3 僧帽弁をみる
  • 4 大動脈弁をみる
  • 5 三尖弁をみる
  • 6 肺動脈弁をみる
  • 7 人工弁をみる
  • 8 右房をみる
  • 9 右室をみる
  • 10 大動脈をみる
  • 11 大静脈をみる
  • 12 心臓の外側をみる

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 心エコー図で診る
著作者等 別府 慎太郎
中谷 敏
土師 一夫
笠貫 宏
吉川 純一
書名ヨミ シン エコーズ デ ミル
書名別名 Shin ekozu de miru
シリーズ名 新・心臓病診療プラクティス 1
出版元 文光堂
刊行年月 2004.3
版表示 改訂版
ページ数 313p
大きさ 26cm
ISBN 4830616806
NCID BA67425371
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20586939
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想