学習方法・学び方・調査体験活動の玉手箱 : 中学社会

河原和之 ほか著

本書は「体験」「調査」と学習を通じて獲得すべき「気づき」「情報収集力」「意欲」「多面的なものの見方」「技能」「学力」「生きる力」の接点を切り結ぶ実践事例を多数紹介した。構成は、方法Aから方法Cの三部構成になっている。方法Aは「学習方法・学び方のHOW TO」、方法Bは「発表・表現のHOW TO」そして、方法Cは「ワクワク・どきどきモノ・コトHOW TO」である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 方法A 学習方法・学び方のHOW TO(ため池探検隊(古地図・フィールドワーク)
  • 地域博物館利用法(博物館)
  • 行政とともに自転車撤去活動(行政との連携) ほか)
  • 方法B 発表・表現のHOW TO(手作り石けんをつくろう(ものづくり)
  • 大地に刻まれた物語(物語づくり)
  • "法隆寺三十六景"図鑑(図鑑づくり) ほか)
  • 方法C ワクワク・どきどきモノ/コトHOW TO(おまけで学ぶ近現代史
  • 缶ビールは語る
  • テーマパークから社会が見える ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 学習方法・学び方・調査体験活動の玉手箱 : 中学社会
著作者等 吉水 裕也
河原 和之
奥田 修一郎
森口 洋一
河原 紀彦
書名ヨミ ガクシュウ ホウホウ マナビカタ チョウサ タイケン カツドウ ノ タマテバコ : チュウガク シャカイ
出版元 日本書籍新社
刊行年月 2004.4
ページ数 151p
大きさ 21cm
ISBN 4819905031
NCID BA67411286
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20587860
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想