赤ちゃんの死を前にして : 流産・死産・新生児死亡への関わり方とこころのケア

竹内正人 編著

赤ちゃんの死を前にした時、医療従事者としてどのように患者・家族に寄り添えばよいのか、患者・家族は何を望み、どのようなケアを受けたいのか、医師・助産師・看護師・臨床心理士の実践と患者・家族の体験談でつづる赤ちゃんの死への関わり方とこころのケアをまとめた本。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 赤ちゃんの死をめぐって
  • 第2章 赤ちゃんの死とこころのケア
  • 第3章 赤ちゃんの死と医療従事者のこころ
  • 第4章 赤ちゃんの死の疫学と医学的背景
  • 第5章 次の妊娠へ向けて
  • 第6章 医療現場での取り組み-それぞれの実践と思い
  • 第7章 医療従事者に望むこと-体験者の声

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 赤ちゃんの死を前にして : 流産・死産・新生児死亡への関わり方とこころのケア
著作者等 竹内 正人
書名ヨミ アカチャン ノ シ オ マエ ニ シテ : リュウザン シザン シンセイジ シボウ エノ カカワリカタ ト ココロ ノ ケア
出版元 中央法規
刊行年月 2004.6
ページ数 308p
大きさ 26cm
ISBN 4805824611
NCID BA6740699X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20616232
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想