ルネサンスの魔術思想

D.P.ウォーカー 著 ; 田口清一 訳

日本語の語感とは裏腹に、西洋において魔術はむしろ思想史の表舞台にあり続けた知的伝統である。錬金術や占星術と並び、またそれらと密接に絡みながら、魔術はいわば「グランド・セオリー」、「先端科学」として一級の知識人に迎えられたのだった。ただしキリスト教正統信仰との調停は複雑・微妙で、ルネサンスには百家争鳴の論題となった。はたして、その帰趨やいかに?本書は、イェイツ女史とともに英国ヴァールブルク学派を代表する著者が、最大の理論家・実践家たるフィチーノの魔術思想と、それに対する諸家の反応を克明に跡づけて、ルネサンス思想史研究に新局面を切り拓いた先駆作。改訳決定版。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 フィチーノと音楽
  • 第2章 フィチーノの魔術
  • 第3章 プレトン、ラザレッリとフィチーノ
  • 第4章 十六世紀におけるフィチーノ魔術
  • 第5章 十六世紀におけるフィチーノ魔術(続)
  • 第6章 テレジオ、ドーニオ、ペルシオ、ベイコン
  • 第7章 カンパネッラ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ルネサンスの魔術思想
著作者等 Walker, D. P.
Walker, Daniel Pickering
田口 清一
ウォーカー D.P.
書名ヨミ ルネサンス ノ マジュツ シソウ
書名別名 Spiritual and demonic magic from Ficino to Campanella
シリーズ名 ちくま学芸文庫
出版元 筑摩書房
刊行年月 2004.6
ページ数 413p
大きさ 15cm
ISBN 448008861X
NCID BA67403630
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20626417
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想