長安

佐藤武敏 著

前漢・前趙・前秦・後秦・西魏・北周・隋・唐の諸王朝が都した長安とはいかなる都市であったか。自然環境、都となる以前の歴史や文化を皮切りに、二百年余の都であった前漢の長安と、人口百万を擁する世界最大の都市として三百年近い栄華を誇った唐の長安を徹底研究。その形状、人口、行政、防備、経済、文化等の角度から、両都の姿を浮き彫りにする。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 漢以前の長安周辺(西安の自然環境
  • 新石器時代の西安附近
  • 周の都豊・鎬 ほか)
  • 2 漢の長安(長安城の建設
  • 長安城の形態
  • 主な建築物 ほか)
  • 3 唐の長安(隋の大興城
  • 唐長安城の形態
  • 大明宮と興慶宮 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 長安
著作者等 佐藤 武敏
書名ヨミ チョウアン
書名別名 Choan
シリーズ名 講談社学術文庫
出版元 講談社
刊行年月 2004.6
ページ数 329p
大きさ 15cm
ISBN 4061596632
NCID BA67398916
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20610175
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想