超臨界流体反応法の基礎と応用

碇屋隆雄 監修

本書の内容は超臨界流体反応法の基礎を理解するための「超臨界流体の基礎」、超臨界流体中における化学反応、特に超臨界水中の反応、酵素反応、固体触媒反応、均一系触媒反応、超臨界メタノール中の反応をまとめた「超臨界流体反応法」、超臨界流体反応の解析法を主にまとめた「超臨界流体利用・分析」、さらに超臨界流体利用法の可能性を示す「応用展開」の4章からなる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 超臨界流体の基礎(超臨界流体中の溶媒和と反応の物理化学
  • 高温高圧ラマン分光法による超臨界水溶液の測定 ほか)
  • 第2章 超臨界流体反応法(ジェネリックテクノロジーとしての超臨界流体技術
  • 超臨界水酸化反応の速度と機構 ほか)
  • 第3章 超臨界流体利用・分析(超臨界流体の分析化学での利用
  • 超臨界CO2による分離プロセス ほか)
  • 第4章 応用展開(超臨界水酸化法におけるシステム構成
  • 超臨界水による廃棄物のケミカルリサイクル ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 超臨界流体反応法の基礎と応用
著作者等 碇屋 隆雄
書名ヨミ チョウリンカイ リュウタイ ハンノウホウ ノ キソ ト オウヨウ
書名別名 超臨界流体反応法の基礎と展開
シリーズ名 CMCテクニカルライブラリー 172
出版元 シーエムシー
刊行年月 2004.5
版表示 普及版
ページ数 256p
大きさ 21cm
ISBN 4882318296
NCID BA6735032X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20703891
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想