数学

ティモシー・ガウアーズ 著 ; 青木薫 訳

数学を組み立てる考え方とはどのようなものなのでしょうか。いったい数学者はどんなことを考えているのでしょうか。よく「数学は抽象的な学問だ」と言われますが、それは決して、数学が謎めいた秘義であるという意味ではありません。抽象とは、自由に考えるための道具立てなのです。考え方のコツをつかめば、「無限」や「26次元」などといった用語は不可解なものではなくなります。数学界でもっとも栄誉あるフィールズ賞を受賞した著者が、数学を支える重要な考え方を紹介します。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 モデル
  • 2 数と抽象
  • 3 証明
  • 4 極限と無限
  • 5 次元
  • 6 幾何学
  • 7 概算と近似
  • 8 数学に関するよくある質問

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 数学
著作者等 Gowers, Timothy
上野 健爾
青木 薫
ガウアーズ ティモシー
書名ヨミ スウガク
書名別名 Mathematics

Sugaku
シリーズ名 1冊でわかる
出版元 岩波書店
刊行年月 2004.6
ページ数 181p
大きさ 19cm
ISBN 4000268732
NCID BA67339327
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20645521
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想