東京府立中学

岡田孝一 著

かつての府立中学校、なかでも東京のいわゆるナンバースクールは全国から嘱目されるエリート養成機関であった。本書はその実像を再現し功罪を検証することで、日本近代史の一側面を明らかにする。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 東京府立中学の成立と消滅(中学校の誕生
  • 府立四校の成立 ほか)
  • 第1章 第一次世界大戦までの府立中学(府立四校の沿革と地域性
  • 府立中学と私立中学 ほか)
  • 第2章 府立三校の教育(教科内容
  • 生徒指導 ほか)
  • 第3章 府立五校の増設と教育の多様化(制度改革と中学増設
  • 府立九校の多様な歩み)
  • 第4章 昭和期の府立中学(入学・進学状況の変遷
  • 中学普通教育の危機 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 東京府立中学
著作者等 岡田 孝一
書名ヨミ トウキョウ フリツ チュウガク
シリーズ名 同成社近現代史叢書 8
出版元 同成社
刊行年月 2004.5
ページ数 207p
大きさ 20cm
ISBN 4886212921
NCID BA67323112
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20707665
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想