大本営発表は生きている

保阪正康 著

大本営発表を定義づけるなら、「太平洋戦争の期間中、陸軍・海軍の統帥機関である大本営が国民に向けて発表した戦況報告」ということになる。しかし、あの時代「大本営発表」は、単なる戦況報告を超えて権力そのものだった。国民は外からの情報がシャットアウトされた空間に押し込まれ、意図的な情報のみを一方的に押しつけられた。そして、そのあげくに、日本は解体寸前にまで追い込まれたのである。往事の軍部指導者は、なぜ「客観的事実」を見ることなしに事実を糊塗しようとしたか、その表現はなぜあれほど無味乾燥な画一性をもっていたか、そして当時の国民は大本営発表に対してどのような反応を示したか。これらの問題点を、今改めて問うことが必要ではないだろうか。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 内容とその特徴(第一回目の衝撃
  • 「からだが透明になるような感じ」 ほか)
  • 第2章 組織とその責任(表の業務、裏の業務
  • 言論弾圧の最前線 ほか)
  • 第3章 思想とその統括(悩める知識人
  • 東条がつくった国民囲い込みの「外壁」 ほか)
  • 終章 大本営発表の最期(シビリアンコントロールの「産みの母」
  • マスコミ、そして国民が問われるべき責任)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 大本営発表は生きている
著作者等 保阪 正康
書名ヨミ ダイホンエイ ハッピョウ ワ イキテイル
書名別名 Daihon'ei happyo wa ikiteiru
シリーズ名 光文社新書
出版元 光文社
刊行年月 2004.4
ページ数 225p
大きさ 18cm
ISBN 4334032427
NCID BA67308899
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20587048
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想