十字軍の精神

ジャン・リシャール 著 ; 宮松浩憲 訳

1095年から1291年にかけての実に二世紀にもわたる、キリスト教ヨーロッパとオリエント圏を巻き込んだ歴史的な「運動」の実態を、十字軍の「精神」を構成した諸要素に焦点を当てて分析した古典。十字軍宣言の教皇勅書、遠征の準備、家族や恋人との別離、聖地での飢え・疾病・戦闘・捕虜体験、帰国の決断などを多彩な史料によって伝え、さらにイスラーム教徒による十字軍観などを加えその全旅程を再現し、理想の苦行者・十字軍戦士の世界の実像を描き出す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 叙述(十字軍の歴史
  • 十字軍の精神
  • テクスト案内)
  • 第2部 テクスト(呼びかけ
  • 応答
  • 十字軍のキリスト教徒)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 十字軍の精神
著作者等 Richard, Jean
宮松 浩憲
リシャール ジャン
書名ヨミ ジュウジグン ノ セイシン
書名別名 L'esprit de la croisade
シリーズ名 りぶらりあ選書
出版元 法政大学出版局
刊行年月 2004.6
ページ数 247, 7p
大きさ 20cm
ISBN 4588022210
NCID BA67295571
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20695770
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想