初歩から学ぶ微小めっき技術 : 多彩な応用分野を開拓

近藤和夫 編著

微小めっき技術は貴重な技術である。一見すると地味だが、その適用範囲は広く、しかも最先端のうえ多彩である。昨今では、液晶ディスプレイ用の微細接続、ビルドアッププリント基板や超LSI用Cu配線の形成などが注目されている。本書ではにわかに脚光を浴びている本技術の登場の背景・歴史、基礎から具体的手法、応用までを詳説している。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 微小めっきとは何だろうか
  • 第2章 微小めっきの従来技術はどうなっているのだろうか
  • 第3章 微小めっきの最新研究はどうなっているのだろうか
  • 第4章 微小めっきの基礎はどうなっているのだろうか
  • 第5章 微小めっき技術の実際はどのようになっているのだろうか
  • 第6章 微小めっきの将来を展望してみよう

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 初歩から学ぶ微小めっき技術 : 多彩な応用分野を開拓
著作者等 近藤 和夫
書名ヨミ ショホ カラ マナブ ビショウ メッキ ギジュツ : タサイナ オウヨウ ブンヤ オ カイタク
書名別名 Shoho kara manabu bisho mekki gijutsu
シリーズ名 K books series 185
出版元 工業調査会
刊行年月 2004.6
ページ数 224p
大きさ 19cm
ISBN 4769321716
NCID BA67293736
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20726589
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想