日本の地形  6

貝塚爽平 ほか編

活断層で境された近畿三角帯、急峻な外帯山地となだらかな内帯山地、直線状に走る中央構造線、多様な地形が広がる本地域の地形の特色と成り立ちを詳細に解説する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 総説
  • 2 近畿三角帯
  • 3 内帯山地とその周辺
  • 4 日本海沿岸
  • 5 瀬戸内地域
  • 6 中央構造線とその周辺
  • 7 外帯山地とその周辺
  • 8 外帯の海岸
  • 9 近畿・中国・四国の地形発達史

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本の地形
著作者等 太田 陽子
岡田 篤正
成瀬 敏郎
田中 真吾
貝塚 爽平
書名ヨミ ニホン ノ チケイ
書名別名 近畿・中国・四国
巻冊次 6
出版元 東京大学出版会
刊行年月 2004.6
ページ数 383p
大きさ 27cm
ISBN 4130647164
NCID BA6726459X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20720475
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
近畿・中国・四国 太田陽子 ほか
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想