暴力の哲学

酒井隆史 著

人はなぜ暴力を嫌悪しながら、暴力に魅せられるのか。この時代の危機とあらゆる暴力論を検証しつつ、「反暴力」を構想する-『自由論』の著者による繊細にして苛烈な力篇。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 暴力と非暴力(暴力という問題の浮上
  • 暴力と非暴力
  • 敵対性について)
  • 第2部 反暴力の地平-主権、セキュリティ、防御(セキュリティ-恐怖と暴力
  • 防御と暴力-「ポスト人民戦争」の政治?)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 暴力の哲学
著作者等 酒井 隆史
書名ヨミ ボウリョク ノ テツガク
シリーズ名 シリーズ・道徳の系譜
出版元 河出書房新社
刊行年月 2004.5
ページ数 239p
大きさ 19cm
ISBN 4309243088
NCID BA67259283
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20599806
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想