痛みと身体の心理学

藤見幸雄 著

痛む身体は私たちに何を伝えようとしているのか?痛みを大切に味わうと、気付かなかった自分が見えてくる-それは、たとえば人間関係にどんなふうに関わってくるのか、病や死を前にどんなことが起こってくるのか。他者とのつながりから老いと死の問題まで、身体と「夢」を手がかりに「心身の闇」と向き合うプロセス指向心理学の知恵。自分をより深く知るためのセルフ・ワークも収録。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 身体と夢の不思議な関係(ドリームボディとは何か
  • 身体の見る夢 ほか)
  • 第2章 痛みが教えてくれること(痛みの「創り手」と「犠牲者」
  • 身体症状という物語を生きる-「カエルの王さま」のハインリッヒ ほか)
  • 第3章 人間関係とドリームボディ(ドリーム・アップ-夢の力
  • 夢身体から夢物体へ ほか)
  • 第4章 死のプロセスを生きる(神話的身体と個人的な神話
  • 昏睡状態への働きかけ ほか)
  • 第5章 ワールド・ワークの体験(「場」を癒すフィールド・ワーク
  • 役割(ロール)と見えない役割(ゴースト・ロール) ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 痛みと身体の心理学
著作者等 藤見 幸雄
書名ヨミ イタミ ト カラダ ノ シンリガク
シリーズ名 新潮選書
出版元 新潮社
刊行年月 2004.5
ページ数 363p
大きさ 20cm
ISBN 4106035383
NCID BA67249086
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20601465
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想