ヒヤリ・ハット事例に学ぶ糖尿病看護のリスクマネジメント

貴田岡正史, 菅野一男 監修 ; 西東京臨床糖尿病研究会 編

本書では、「問題を顕在化し、対策を立てる」というノウハウをシステマティックに業務の中にいかす手段を提供している。P‐mSHELLモデルを用いて糖尿病領域の幅広いヒヤリ・ハット事例の解析を行い、具体的な対策にまで言及している。西東京地域の糖尿病関連医療スタッフの協力により、糖尿病領域に関しては大半のエラーのパターンを網羅することができた。したがって、本書で提示されている対策は、多くの医療現場でいかすことが可能である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 糖尿病看護におけるリスクマネジメントの必要性
  • 解説 P‐mSHELLモデルを使ったヒヤリ・ハット事象分析
  • 第1章 インスリンに関するヒヤリ・ハット
  • 第2章 薬物療法に関するヒヤリ・ハット
  • 第3章 食事療法に関するヒヤリ・ハット
  • 第4章 運動療法に関するヒヤリ・ハット
  • 第5章 低血糖・高血糖に関するヒヤリ・ハット
  • 第6章 検査に関するヒヤリ・ハット
  • 第7章 外来診療でのヒヤリ・ハット
  • 第8章 治療拒否・中断によるヒヤリ・ハット
  • 付録 医療事故・リスクマネジメント関連URL

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ヒヤリ・ハット事例に学ぶ糖尿病看護のリスクマネジメント
著作者等 菅野 一男
西東京臨床糖尿病研究会
貴田岡 正史
書名ヨミ ヒヤリ ハット ジレイ ニ マナブ トウニョウビョウ カンゴ ノ リスク マネジメント
出版元 医学書院
刊行年月 2004.5
ページ数 183p
大きさ 26cm
ISBN 4260333445
NCID BA67227957
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20614802
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想