逸脱とコントロールの社会学 : 社会病理学を超えて

宝月誠 著

逸脱研究には社会学の主要な理論や方法が全て反映され活用されていて非常に興味深い。本書は古典的なものから最新のものまでこの分野の多様な理論や方法を丁寧に整理した上で逸脱とコントロールの現象を<社会的世界論>の視点から明快に説いた待望のテキスト。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 逸脱とコントロールの捉え方-理論的視点(理論的視点の必要性
  • デュルケームの逸脱理論 ほか)
  • 第2章 逸脱とは何か(逸脱の定義をめぐる論議
  • 逸脱の病理的定義 ほか)
  • 第3章 逸脱行為の生成-人はどのようにして逸脱するのか(逸脱行為の説明
  • 社会構造に力点を置く逸脱理論 ほか)
  • 第4章 逸脱のコントロール(コントロールの存在意義
  • 社会的コントロールはいかに遂行されるのか ほか)
  • 第5章 逸脱とコントロールの研究法(実証的研究のための出発点
  • 計量的方法 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 逸脱とコントロールの社会学 : 社会病理学を超えて
著作者等 宝月 誠
書名ヨミ イツダツ ト コントロール ノ シャカイガク : シャカイ ビョウリガク オ コエテ
書名別名 Itsudatsu to kontororu no shakaigaku
シリーズ名 有斐閣アルマ : specialized
出版元 有斐閣
刊行年月 2004.5
ページ数 280p
大きさ 19cm
ISBN 464112227X
NCID BA67211301
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20611111
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想