西田幾多郎随筆集

西田幾多郎 著 ; 上田閑照 編

京大退職のおり西田幾多郎は生涯を顧みて記した、教室の「黒板に向って一回転した」といえば私の伝記は尽きるのだ、と。この一句にはどれほどの人生の内実がこめられているのか。『思索と体験』以後のエッセイから選ばれた諸篇、細心に抄出された日記・書簡・寸言が切々とそれを語り伝える。人間西田の哀切極りない内奥の声が響く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 思い出
  • 2 追憶と追悼
  • 3 思想
  • 4 随想
  • 5 歌と詩
  • 6 日記抄
  • 7 書簡抄

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 西田幾多郎随筆集
著作者等 上田 閑照
西田 幾多郎
書名ヨミ ニシダ キタロウ ズイヒツシュウ
書名別名 Nishida kitaro zuihitsushu
シリーズ名 ワイド版岩波文庫
出版元 岩波書店
刊行年月 2004.5
ページ数 398p
大きさ 19cm
ISBN 4000072420
NCID BA67196660
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20602750
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想