認知と相互行為の社会言語学

ジョン・ガンパーズ 著 ; 井上逸兵, 出原健一, 花崎美紀, 荒木瑞夫, 多々良直弘 訳

会話の中で、非言語も含めた様々なシグナルがいかに共通の解釈の枠組みをつくり出し、理解を生み出すのか、それはまた、いわゆる異文化間のコミュニケーションにおいて、なぜわかりあうことが難しいのかという問いでもある。「コンテクスト化の合図」などの重要概念を生み出した相互行為の社会言語学の基本文献の待望の完訳。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 序説
  • 第2章 対人コミュニケーションの社会言語学
  • 第3章 社会のネットワークと言語変化
  • 第4章 会話内のコードスイッチング
  • 第5章 会話の韻律
  • 第6章 コンテクスト化の慣習
  • 第7章 会話の推論における社会・文化的知識
  • 第8章 異民族間のコミュニケーション
  • 第9章 政治レトリックの民族的スタイル
  • 第10章 終章

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 認知と相互行為の社会言語学
著作者等 Gumperz, John Joseph
井上 逸兵
出原 健一
花崎 美紀
Gumperz John J.
多々良 直弘
荒木 瑞夫
ガンパーズ ジョン
書名ヨミ ニンチ ト ソウゴ コウイ ノ シャカイ ゲンゴガク : ディスコース ストラテジー
書名別名 Discourse strategies

ディスコース・ストラテジー
出版元 松柏社
刊行年月 2004.5
ページ数 318p
大きさ 22cm
ISBN 477540055X
NCID BA67195453
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21098369
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想