慢性化防止の治療的働きかけ

岡崎祐士, 武田雅俊 編

本書では、「精神疾患の慢性化は必然か」「精神疾患を慢性化させる要因は何か」「慢性化させない治療的働きかけとは」という3つの分野を設定し、それぞれ数項目から10項目以上の具体的事項に分けて執筆している。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 精神疾患の慢性化は必然か(精神疾患と身体疾患の時間軸
  • 薬物療法の効果が現れるまでに必要な時間と条件
  • 統合失調症の慢性化防止のための予備的治療論-精神病理学の見地から ほか)
  • 精神疾患を慢性化させる要因はなにか(精神疾患の慢性化をもたらす診断の遅れ・治療開始時期
  • 不適切な薬物選択および副作用
  • 不適切な心理社会療法 ほか)
  • 慢性化させない治療的働きかけとは(精神疾患発症のリスクを軽減するコミュニティ形成
  • 精神疾患発症のリスクを軽減する家族とは
  • 患者の早期受診を促進する精神保健システム ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 慢性化防止の治療的働きかけ
著作者等 岡崎 祐士
武田 雅俊
加藤 敏
新宮 一成
神庭 重信
松下 正明
書名ヨミ マンセイカ ボウシ ノ チリョウテキ ハタラキカケ
書名別名 Manseika boshi no chiryoteki hatarakikake
シリーズ名 New age of psychiatric treatments / 松下正明 ほか編 第10巻
新世紀の精神科治療 第10巻
出版元 中山書店
刊行年月 2004.6
ページ数 326p
大きさ 27cm
ISBN 4521680917
NCID BA6718421X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20618324
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想