デイヴィドソン : 「言語」なんて存在するのだろうか

森本浩一 著

コミュニケーションの原理を見通す。ことばによって他者を理解するとはどういうことか。解釈の賭を通じて生み出される合意。それを可能にするのは言語能力ではなく生きることへの熟練である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 言語哲学は意味をどう扱うか(意味とは何か
  • 「ふたり」のコミュニケーション)
  • 第2章 真理と解釈の第一次性(真理条件という考え方
  • 寛容の原理)
  • 第3章 コミュニケーションの哲学へ向けて(解釈のプロセス
  • 言語非存在論)
  • 第4章 「言語」ではなく数多くの言語が存在する(意図と規約
  • デリダとデイヴィドソン)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 デイヴィドソン : 「言語」なんて存在するのだろうか
著作者等 森本 浩一
書名ヨミ デイヴィドソン : ゲンゴ ナンテ ソンザイスルノダロウカ
書名別名 Deividoson
シリーズ名 シリーズ・哲学のエッセンス
出版元 日本放送出版協会
刊行年月 2004.5
ページ数 125p
大きさ 19cm
ISBN 4140093145
NCID BA67174657
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20603375
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想