ウェアラブル・コンピュータとは何か

板生清 著

産業界で普及しはじめたウェアラブル・コンピュータの最先端を紹介し、コンピュータが小型・高性能化していき、モニターやキーボードなどのインターフェイスが不要になることで、まさに「着る」ように生活に溶け込んだ情報技術となる近未来を展望。人々の健康や趣味指向に即したサービスが受けられ、生活は一変する。さらには、動植物・人工物にも付けることで全地球的な共生が可能となる。一方、プライバシーの保護や情報漏洩に対する対策など、安全対策についても言及。この静かに押し寄せつつある情報変革の波を概観し、人間の意識がどう変わるのか考察する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 ウェアラブルの過去・現在・未来
  • 2 ユビキタスとウェアラブル
  • 3 ウェアラブルで現場が変わる
  • 4 ウェアラブルで医療が変わる
  • 5 安心・安全の最先端技術
  • 6 ウェアラブルファッション
  • 7 技術ウィービング時代を迎えて
  • 終章 ウェアラブルの光と影

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ウェアラブル・コンピュータとは何か
著作者等 板生 清
書名ヨミ ウェアラブル コンピュータ トワ ナニカ
書名別名 Uearaburu konpyuta towa nanika
シリーズ名 NHKブックス
出版元 日本放送出版協会
刊行年月 2004.5
ページ数 222p
大きさ 19cm
ISBN 4140019999
NCID BA67173734
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20607152
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想