比較政治経済学

新川敏光 ほか著

「黄金の30年」といわれた経済繁栄と福祉国家の時代が終わり、ほぼ30年が過ぎた。この間、政治学では政治と経済の関係についての関心が高まり、各国政治経済の比較分析が進展してきた。具体的事例に則して、比較政治経済学の理論や方法を紹介する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 比較政治経済学への招待
  • 戦後和解体制
  • 戦後政治経済体制の変容
  • レジームの多様性
  • 開放経済とコーポラティズム
  • コーポラティズムと経済実績
  • コーポラティズムと金融レジーム
  • 福祉国家の発展と理論
  • 福祉国家類型と企業・家族
  • 福祉国家のゆくえ
  • 政治的党派性とマクロ経済政策
  • 拒否権プレイヤーと政策決定
  • 政治体制と経済成長

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 比較政治経済学
著作者等 井戸 正伸
宮本 太郎
新川 敏光
真柄 秀子
書名ヨミ ヒカク セイジ ケイザイガク
シリーズ名 有斐閣アルマ : specialized
出版元 有斐閣
刊行年月 2004.5
ページ数 331p
大きさ 19cm
ISBN 4641122253
NCID BA67153599
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20618244
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想