家族内コミュニケーション : こころを運ぶことばの力

日本家族心理学会 編

[目次]

  • 1 家族心理学とコミュニケーション(家族のコミュニケーション研究-親密さの表現
  • コミュニケーション理論が家族心理学にしめる位置
  • 家族内コミュニケーションにおけることばの力
  • 夫婦の職業生活とコミュニケーション
  • コミュニケーションの実験研究-セラピーへの活用
  • 会話を続けること-コミュニケーション障害は治療的会話の促進を妨げるか?)
  • 2 大会シンポジウムより(ドメスティック・バイオレンス加害者対策はどんな課題を提起しているのか
  • 夫婦のコミュニケーションに見るジェンダーの問題)
  • 3 家族療法の技法・家族臨床心理学研究法の紹介(FITを用いた家族療法
  • グラウンデッド・セオリーを活用した家族研究)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 家族内コミュニケーション : こころを運ぶことばの力
著作者等 日本家族心理学会
書名ヨミ カゾクナイ コミュニケーション : ココロ オ ハコブ コトバ ノ チカラ
書名別名 Kazokunai komyunikeshon
シリーズ名 家族心理学年報 22
出版元 金子書房
刊行年月 2004.6
ページ数 185p
大きさ 21cm
ISBN 4760823166
NCID BA67143256
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20605761
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想