日本文学翻訳の可能性

伊井春樹 編

[目次]

  • 1 シンポジウム「日本文学の魅力-留学生にとっての日本文学研究」(古典文学が今日持つ意味
  • 台湾における日本文学研究の現状について
  • タイにおける日本文学-その海路 ほか)
  • 2 シンポジウム「日本文学翻訳の可能性」(翻訳の危機、翻訳の価値
  • 和歌の現代語訳と翻訳-伊勢物語を中心に
  • 与謝野晶子の『新訳源氏物語』-その誤訳の意義を中心に ほか)
  • 3 翻訳に関する諸問題(チベットと日本文学
  • 日本文学をインド諸語に翻訳する際の諸問題について
  • 翻訳の可能性:「中将姫本地」におけるテキストとイメージの関係 ほか)
  • 4 パフォーマンスの翻訳の可能性-歌舞伎文化とテキスト・俳諧・絵画
  • 5 日本古典文学翻訳データベース

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本文学翻訳の可能性
著作者等 伊井 春樹
書名ヨミ ニホン ブンガク ホンヤク ノ カノウセイ
書名別名 Japanese literature:the possibilities of translation
シリーズ名 国際日本文学研究報告集 2
出版元 風間書房
刊行年月 2004.5
ページ数 319p
大きさ 22cm
ISBN 4759914323
NCID BA67104877
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20606423
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想