理論考古学入門

安斎正人 著

[目次]

  • 第1章 理論考古学の構造(考古学をつくる
  • 考古学をする)
  • 第2章 考古学史の方法(考古学史の言説
  • 理論考古学の現在)
  • 第3章 隣接諸科学との交流分野(環境考古学-グレアム・クラークの遺産
  • 社会考古学-ゴードン・チャイルドの遺産 ほか)
  • 第4章 旧石器社会の構造変動(列島旧石器時代史の新しい言説
  • 列島の後期旧石器時代)
  • 終章 私のパラダイム転換(伝播系統論の時期
  • 新しいパラダイムの模索 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 理論考古学入門
著作者等 安斎 正人
書名ヨミ リロン コウコガク ニュウモン
書名別名 Riron kokogaku nyumon
シリーズ名 Kashiwa学術ライブラリー 6
出版元 柏書房
刊行年月 2004.5
ページ数 226, 8p
大きさ 22cm
ISBN 476012540X
NCID BA6708221X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20603358
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想