超ひも理論とはなにか : 究極の理論が描く物質・重力・宇宙

竹内薫 著

11次元の宇宙、4つの力の統合、ブレーン世界の衝突で繰り返されるビッグバン…。相対論と量子論を統合する「超ひも理論」が描き出す、SFを遙かに超えた驚くべき宇宙像。この究極理論を、数式を使わずわかりやすく解説した物理ファン待望の一冊。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 オーソドックスな超ひも理論入門(一口量子論
  • 3つばかり準備を
  • 「ひも」とはなんだろう? ほか)
  • 第2章 次元の秘密(2次元人の悲劇
  • 3次元からの脱出
  • 時間は4つ目の「方向」なのだろうか ほか)
  • 第3章 超ひも理論ルネサンス(ルネサンスとはこれいかに?
  • 孫悟空の対称性
  • 運動量と巻き量というふたつのモード ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 超ひも理論とはなにか : 究極の理論が描く物質・重力・宇宙
著作者等 竹内 薫
書名ヨミ チョウ ヒモ リロン トワ ナニカ : キュウキョク ノ リロン ガ エガク ブッシツ ジュウリョク ウチュウ
シリーズ名 ブルーバックス
出版元 講談社
刊行年月 2004.5
ページ数 266p
大きさ 18cm
ISBN 4062574446
NCID BA6705753X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20602977
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想