21世紀の大学 : 開かれた知の拠点へ

中嶋嶺雄 著

激動する国際環境の中で、日本の大学は生き残れるか。多年、教育行政に関わり、今また日本初の公立大学法人「国際教養大学」を立ち上げた著者による待望の大学改革論。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • これでよいのか日本の大学
  • 「大学を変える」ということの意味
  • 変わりたくないが国立大学の本音
  • 大学はかくあるべき
  • 大学改革によせて
  • 競争的環境のなかでの大学
  • 大学教員とメディアの関係
  • 「愛国心」-論議を避けずに
  • 対談 グレゴリー・クラーク/中嶋嶺雄「大学をこう変えたい」
  • 21世紀の開かれた大学へ〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 21世紀の大学 : 開かれた知の拠点へ
著作者等 中嶋 嶺雄
書名ヨミ 21セイキ ノ ダイガク : ヒラカレタ チ ノ キョテン エ
書名別名 21seiki no daigaku
出版元 論創社
刊行年月 2004.5
ページ数 249p
大きさ 19cm
ISBN 4846005038
NCID BA67053550
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20710705
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想