古事記論叢  2 (説話)

菅野雅雄 著

[目次]

  • 古事記説話研究の問題点と本書の編述
  • 前編 古事記説話の形成(文学以前-"神話"から"説話文学"へ
  • 黄泉観念の成立と黄泉行説話の形成
  • 黄泉行説話の展開
  • 後手剣と死霊追蹤阻止
  • 度事戸考
  • 根国観念の形成と訪問説話
  • 海神考
  • 天安河のウケヒ小考
  • 神武皇后説話の形成-多氏の伝承と古事記の成立をめぐって
  • 常世説話と常世意識の形成
  • 日本神話とワニ氏)
  • 後編 古事記説話の継承(万葉集一・二巻頭歌の背景
  • 尾張国熱田大神宮縁記の研究
  • 源氏物語須磨巻の歌一首
  • 源氏物語浮舟の語り
  • 大鏡の伝承的機構)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 古事記論叢
著作者等 菅野 雅雄
書名ヨミ コジキ ロンソウ
書名別名 説話

Kojiki ronso
シリーズ名 古事記 第2巻
菅野雅雄著作集 / 菅野雅雄 著 第2巻
巻冊次 2 (説話)
出版元 おうふう
刊行年月 2004.3
ページ数 429p
大きさ 22cm
ISBN 4273033224
NCID BA67047310
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20579088
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想