ニッポン発見記

池内紀 著

人間の本質は移動にある、とパスカルは言った。函館はガンガン寺から院内の石橋まで、未知の風景を訪ね、共同湯につかり、旅の自由に誘う十六話。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 北海道・東北篇(ガンガン寺界隈-函館(北海道)
  • 扇状地と漬物-江刺(岩手県)
  • 地獄極楽参拝記-川原毛(秋田県) ほか)
  • 中部・関東篇(ちいさなヴェニス-宿根木(新潟県)
  • 念仏と葡萄酒-越後高田(新潟県)
  • 米騒動見学-水橋(富山県) ほか)
  • 関西以西篇(サギと風車-新旭町(滋賀県)
  • タヌキの金玉-信楽(滋賀県)
  • 紅色の夢-吹屋(岡山県) ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ニッポン発見記
著作者等 池内 紀
書名ヨミ ニッポン ハッケンキ
書名別名 Nippon hakkenki
シリーズ名 講談社現代新書
出版元 講談社
刊行年月 2004.5
ページ数 227p
大きさ 18cm
ISBN 4061497200
NCID BA67042951
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20602986
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想