〈美少女〉の現代史 : 「萌え」とキャラクター

ササキバラ・ゴウ 著

まんが・アニメに溢れる美少女像はいつ生まれてどう変化したのか?「萌え」行動の起源とは?七〇年代末から今日までの歴史を辿る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序 キャラクター消費社会と性
  • 第1章 「美少女」の誕生(「美少女」と「萌え」のはじまり-「海のトリトン」と女性たち
  • 美少女ムーブメントの到来-吾妻ひでお・宮崎駿・高橋留美子
  • なぜ美少女は無敵なのか?-美少女ムーブメントのビッグスリー
  • 「男らしさ」と「戦う根拠」-美少女の背景)
  • 第2章 世の中はいかにして美少女化したか(ラブコメとパロディ-八〇年代のまんが
  • メカと美少女-八〇年代のアニメ
  • 少女を描く宮崎駿、少年を描く富野由悠季
  • アイドル・ジュニア小説・村上春樹の文学)第3章 変貌していく美少女(形から見た美少女像の変化
  • 九〇年代の美少女-女性による表現とパソコンの時代)
  • 第4章 美少女という問題(キャラクターとしての美少女と「視線」
  • 「彼女の気持ち」と私の責任
  • 美少女と私のリアリティの行方)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 〈美少女〉の現代史 : 「萌え」とキャラクター
著作者等 ササキバラ ゴウ
書名ヨミ ビショウジョ ノ ゲンダイシ : モエ ト キャラクター
書名別名 Bishojo no gendaishi
シリーズ名 講談社現代新書
出版元 講談社
刊行年月 2004.5
ページ数 196p
大きさ 18cm
ISBN 4061497189
NCID BA67041835
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20602989
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想