経済の統計的分析

佐竹元一郎 編著

われわれの日常生活の多くは経済的意思決定に基づいて営まれている。ところで経済行動とは一体どういうものなのだろうか。確認の方法としては経済理論に基づくものもあれば、法律や制度、規則や慣習によってとらえることもできる。しかし、経済現象は優れて数量的な側面をもっているから客観的な統計データとしてとらえることが考えられる。もちろん経済現象のすべてが統計データとしてとらえられるわけではないが、その本質的な特徴はかなりの程度まで数量的にとらえられるであろう。本書は経済現象を統計データによって解明することがどの程度まで可能か、またそのやり方にどれだけの意味があり、その信頼性がどのくらいあるか、そして経済分析をする上でどのような役割を果たすかについて考えようとするものである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 経済と統計
  • 第2章 統計調査
  • 第3章 物価指数
  • 第4章 時系列データ
  • 第5章 時系列モデル
  • 第6章 景気変動
  • 第7章 国民経済計算
  • 第8章 経済現象の計量分析

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 経済の統計的分析
著作者等 佐竹 元一郎
書名ヨミ ケイザイ ノ トウケイテキ ブンセキ
出版元 中央経済社
刊行年月 2004.5
ページ数 224p
大きさ 21cm
ISBN 4502651605
NCID BA67038309
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20588411
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想