医療と福祉における市場の役割と限界

郡司篤晃 編著

本書は「医療と福祉における市場の役割と限界-イギリスの経験と日本の課題」というテーマで、2000年の3月31日と4月1日の2日間にわたって開催された公開シンポジウムとディスカッションの記録である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 シンポジウム「医療と福祉における市場の役割とその限界」(イギリスの新しい医療政策と福祉政策:市場の役割の変化
  • 国家と市場と福祉
  • 最良の質と価値のための介入:イギリスにおける社会的ケア市場)
  • 第2部 ディスカッション「日本の医療と福祉における市場の役割とその限界」(日本における福祉国家と市場
  • 日本における医療準市場の分析
  • 日本の介護保険制度をめぐる争点と政策的論議)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 医療と福祉における市場の役割と限界
著作者等 郡司 篤晃
書名ヨミ イリョウ ト フクシ ニ オケル シジョウ ノ ヤクワリ ト ゲンカイ : イギリス ノ ケイケン ト ニホン ノ カダイ
書名別名 イギリスの経験と日本の課題
シリーズ名 聖学院大学研究叢書 4
出版元 聖学院大学出版会
刊行年月 2004.3
ページ数 199p
大きさ 22cm
ISBN 4915832562
NCID BA67030420
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20586942
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想