江戸人とユートピア

日野龍夫 著

近世中期以降、社会の閉塞状況からの脱出を模索する人々は、各人の環境に応じて様々なユートピアのイメージを構築した。著者は庶民の世間咄の世界をはじめ、五世団十郎、荻生徂徠、服部南郭らの構想したユートピアの実相とその背景を十分に魅力的に論じる。学問と文学の接触こそが江戸中期文学史の最大の特徴という持論を実証した好著。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 世間咄の世界(世界咄盛行の所以
  • 異事奇聞の伝達者 ほか)
  • 虚構の文華-五世市川団十郎の世界(虚像と実像の相克
  • 狂歌壇との交渉 ほか)
  • "謀叛人"荻生徂徠(経世済民と古文辞学
  • 制度万能論 ほか)
  • 壷中の天-服部南郭の詩境(文人の手本
  • 自己の虚構化 ほか)
  • 偽証と仮託-古代学者の遊び(偽書の季節
  • 自己表現としての偽書・偽証 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 江戸人とユートピア
著作者等 日野 竜夫
書名ヨミ エドジン ト ユートピア
書名別名 Edojin to yutopia
シリーズ名 岩波現代文庫 : 学術
出版元 岩波書店
刊行年月 2004.5
ページ数 253p
大きさ 15cm
ISBN 4006001215
NCID BA6702134X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20603794
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想