金融工学を勉強しよう

足立光生 著

本書は、著者がこれまでに実践してきた「数式を使わない、直感的な金融工学」を下敷きにしてまとめたものです。数式を使うかわりにイメージ図をふんだんに使いながら、金融工学の基礎、金融工学の本質をわかりやすく解説します。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 金融工学の重要ポイント(金融工学を勉強しよう
  • オプション取引は何を取引しているのか
  • オプションの値動きと「伊藤のレンマ」
  • ブラック=ショールズモデル)
  • 2 金融工学の実践(オプション取引って何?
  • 個人投資家とオプション-カバードワラントで注意すべきこと
  • カバードワラントの社会的インパクト
  • 現代金融商品のからくりを暴け-仕組み債の仕組み)
  • 3 金融テクノロジーと現代社会(金融工学は勉強するに値するか
  • LTCM破綻は「金融工学の破綻」を意味するか?
  • 市場リスク管理の基礎
  • 株価を予測するテクノロジー
  • 金融工学と現代社会)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 金融工学を勉強しよう
著作者等 足立 光生
書名ヨミ キンユウ コウガク オ ベンキョウシヨウ
出版元 日本評論社
刊行年月 2004.4
ページ数 172p
大きさ 21cm
ISBN 4535554021
NCID BA67013567
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20589825
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想