日本国憲法成立過程の研究

西修 著

「日本国憲法成立過程における極東委員会の役割と限界」が扱われ、極東委員会発足をめぐる動きから、同委員会においてさまざまの政策決定がなされるにいたった状況、そして最終的に同委員会が日本国憲法の容認にふみきるまでの経緯などにつき、一次資料を駆使して、時系列的に詳述。第2部では、憲法9条の成立経緯を客観的に叙述し、第3部は、「日本国憲法の記述に関する連合国総司令部の検閲の実際」を扱う。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 日本国憲法成立過程における極東委員会の役割と限界(前身としての極東諮問委員会
  • 極東委員会および連合国対日理事会付託条項の成立
  • 極東委員会の始動 ほか)
  • 第2部 憲法9条の成立経緯(発案者をめぐる謎
  • 条項の成立にいたる過程
  • おわりに-戦争放棄条項と文民条項との正しい解釈のために)
  • 第3部 日本国憲法の記述に関する連合国総司令部の検閲の実際(検閲の法的根拠
  • 検閲の実際)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本国憲法成立過程の研究
著作者等 西 修
書名ヨミ ニホンコク ケンポウ セイリツ カテイ ノ ケンキュウ
出版元 成文堂
刊行年月 2004.3
ページ数 405p
大きさ 22cm
ISBN 4792303702
NCID BA67013159
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20603349
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想